日中は思いっきり遊ぼう!生後7 ヶ月の赤ちゃんの遊び場は?

生後7ヶ月くらいになると、表情も豊かになり動きも活発で、家の中でテレビやスマホを
見せてるだけではもったいない!毎日色々な経験や体験をさせてあげたい!と思いますよね。


「今日はどこに行こう。もうどこにも行くところがないなぁ・・・でも外に出ないと罪悪感
感じるわぁ」と悩んでませんか?

しかも、ベビーちゃんとの生活って結構お金かかるし、なるべくお金を使わず遊びたい!
これ、結構大事ですよね。

なるべくお金を使わずに遊べるところを沢山見つけたいですよね。
まだまだ家の近くにも遊ぶ場所はあるはずです!
そんな場所を探すヒントをお伝えしたいと思います。

おすすめの遊び場スポット

・天気の良い日はやっぱり公園ですな(;^ω^)
・支援センターや児童館は複数ありますよ
・マクドナルドなどプレイランドのあるお店も探しましょう
・ショッピングモールは実は穴場スポット
・スーパー銭湯はおばあちゃんと一緒がおすすめ
・年間パスポートのある施設は絶対お得!

それぞれの場所の探し方や、持ち物、気を付けることなどをお話ししていきたいと思います。


公園で、お日様いっぱい浴びよう!

生後3か月頃から、公園には多かれ少なかれ足を運ばれてますよね。
少しずつ公園での遊び方も変わり始めてきたのではないでしょうか?

やっぱり公園にお出掛けするのはベビーちゃんにとってもママにとっても
気持ちの良い場所だと思います。

ハイハイができるようになったベビーちゃんだったら、芝生の多い公園がおすすめです。
少し傾斜のある芝生も筋肉を発達させるのにとてもいいと思います。

お弁当を持参して大きなブルーシートを敷くのもおすすめ。
風に飛ばされないようプラスチックの杭などをお忘れなく。
杭を忘れると、マザーズバックなどで角を抑えることが多いのですが、バックは近くに
置いておきたいですよね。

ベビーカーで、スムーズに移動できるかもポイントです。
舗装されていない道や海の近くの公園だと道に砂が被っていたり。便利なベビーカーが
不便になることもありますので、抱っこ紐の方がいいか検討してから行きましょう。

ポニーやヤギなどの小動物のいる公園など近くにありませんか?
動物に触らせることを警戒するママさんもいらっしゃると思いますが、
小さな頃から動物に触れることは豊かな情緒をはぐくみます。
たくさんの動物や植物に触れ合う機会を与えてあげましょう。

支援センターのような公共施設をフル活用!

近くの支援センターだけではなく、少し遠い支援センターにも足を運んでみてはいかがでしょうか?他に児童館や科学館などにもキッズスペースがあるかもしれません。
キッズスペースがある図書館もありますよ。本の読み聞かせもそろそろ始めてみても
いいと思います。

遠いところに行く時はやはり車が便利です。運転ができなくても気の合うママ友さんが
車を出してくれるなら甘えて同乗させていただきましょう。
ガソリン代より多めにお礼をするのをお忘れなく(^^)/

育児相談もいろいろな保健師さんに相談してみると、まったく別の角度の回答をいただける
ことがあります。専門家の考えがすべて同じで正しいとは限りません。
もし、なにか不安なことがある時は複数の方に相談することを強くお勧めします。
そして、自分が「この回答、心地よいな」と思った意見が自分が必要としている答えです。
沢山の方に相談して、ママさんが一番心地よい答えを見つけてみてくださいね。

プレイランドのあるお店をチェックしよう!

生後7ヶ月だと大がかりなプレイランドで遊ぶことは難しいと思いますが、
少し大きなベビーちゃんの成長や行動をチェックするにはうってつけの場所です。

マクドナルドのホームページにはプレイランドのあるお店のリストが掲載されています。

マクドナルドのプレイランドホームページ

ただ、活発な幼児のお子さんもたくさんいますので、ベビーちゃんにぶつかる危険もあります。少し気を付けないといけないですね。

ショッピングモールは穴場スポット!?

夏の暑い炎天下に公園には行けないですよね。
全屋内タイプのショッピングモールは、夏の暑い日でも快適です。
夏はお出かけする場所が本当になくて、ショッピングモールに足を運ぶ機会が増えてしまいます。お洋服など買い物したい気持ちを抑えるのが大変ですが、ここはぐっと我慢して自分のご褒美は毎回は、買わないようにしましょう。

その代わり、普段のスーパーマーケットではないお店で食材を購入したりすると食材選びも
新鮮に感じ料理のメニューが広がったりします。ベビーちゃんにも野菜の名前などを積極的に
話しかけてあげてくださいね。

有料のプレイランドは、柵で仕切られている施設を使うと、少しだけママさんの気を張る気持ちが少し和らぎますよ。時々は活用してリラックスしましょう。

お風呂好きならスーパー銭湯デビューも!

スーパー銭湯にベビーバスのある施設も増えてきました。子ども用の専用お風呂がある施設もありますよ。

その反面、おむつが取れいていない赤ちゃんはNGという施設もあります。
事前に問い合わせしておきましょう。

おばあちゃんか子供が保育園や幼稚園に通っている先輩ママさんと一緒に行けるなら、交代でお風呂に入れますので少しだけゆっくりできますね。

近場の有料施設なら年パスも要チェック!

私の住んでいる場所には、水族館があり、1日券ですと大人は2000円くらいですが、
年間パスポートは4000円くらいで購入できます。しかもベビーちゃんの分は無料!
2回行けば元が取れますので積極的に活用しました。

他にキッズ用のプレイランドでも年間パスポートがある施設は割とたくさんあります。

パスポートですと、1度の滞在時間が短くてもまた来れるし、例えば週末にあるイベントの
下見でちょっとだけ足を運ぶという使い方もできます。


持ち物は?

車でお出掛けするときは荷物が多くても面倒でも車に戻れば保管する場所があります。
ショッピングモールなどもベビーカーでスムーズに移動できますし、
コインロッカーもありますので、ある程度荷物が多くても大丈夫です。

自転車もかごカバーを付けてダイヤル式の鍵を付ければ貴重品以外は多少保管できます。
工夫してみましょう。

ベビーカーでお出掛けするときはなるべく荷物は少なめにしておきましょう。

基本的な持ち物

•おむつ
•おむつを捨てる袋(新しいおむつを袋に入れいておくと便利) +ゴミ捨て用の袋
•おしりふき(必要な分だけ保存袋に入れても)
•着替え一式
•母乳の方はケープになる大きめのブランケット
         (寒い時に赤ちゃんの防寒対策として併用できますよ!)
•ブランケットを止めるためのクリップ(目玉クリップがおすすめ)
•水筒に60度くらいのお湯500mlくらい(60度なら冷ますのも簡単です)
•粉ミルクを入れた哺乳瓶(240mlの大きいのが良いです)
•予備のスティック粉ミルク
•除菌スプレー(スマホは菌が付着しやすいです。こまめにふき取りましょう) 
•遊び用のおもちゃ

他に夏の間は冷凍したママが飲むペットボトルなど用意しておきましょう。
アスファルトがとても熱くなる日には、ベビーカーのシート中は温度が上昇します。
ベビーカーの下カゴに置いておくと少し涼しくなりますよ熱中症対策になります。


まとめ

いかがでしたか?
とにかく、ベビーちゃんを毎日どこかに連れ出すのは、行く場所探しに本当に苦労します。
ベビーちゃんはまだ、毎日同じところでもいいのでしょうけど、ママさんの気分転換も
兼ねたいですのでたくさんの場所をリサーチしておきましょう。

天気にも左右されますが、お天気の良い日はなるべくお外で自然の風や光を感じさせて
あげたいですね。

市役所や市民センターなどにパンフレットが置いてあったり、フリーペーパー等にも
プレイスポットは掲載されています。図書館にも遊び場が特集されている雑誌が置いて
ありますので、チェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました