【赤ちゃんのゲップ】上手なやり方とコツを動画付きで解説!

 赤ちゃんの授乳が終わると必ずやらなくちゃいけないのがゲップですよね。新米ママさん達の中には「なかなか上手にできないんだよなぁ。」「うちの子、全然ゲップしてくれない・・・。」「吐いちゃった!どうしよう!」と慌てたり、焦ったりして悩んでいたりしませんか?

でも、大丈夫!一人で悩まないでくださいね。今回も私、ママ調査員rymamimoが上手なゲップのやり方とコツをしっかり調べてきました!それでは、ご紹介しますね!

動画で解説!ゲップのやり方とコツ

ゲップのやり方を動画でチェック!

げっぷのさせ方って?慣れないママでもできる方法、コツをご紹介♪

縦抱き

 赤ちゃんを抱っこする前に、抱っこをするママ・パパの肩にタオルやガーゼなどを掛けてください。飲んだおっぱいやミルクを吐き戻す場合があるので汚れないようにするためです。

 準備ができたら、赤ちゃんの顔が正面になるように抱き上げ、タオルやガーゼをかけた肩に赤ちゃんの顔を乗せます。その時、ゲップが出たか確認できるようにママ・パパの方へ顔が向くように横向きにしてくださいね。赤ちゃんを自分の体にもたれさせて、片手で赤ちゃんのお尻を支え、もう片手で背中を下から上へとさすってあげるか、または優しくトントンと叩きましょう。

ここがコツ!
  • 赤ちゃんの首がグラグラしないように支えて、胃の後ろあたりからうなじまでさすってあげる。
  • ママやパパの体を安定できるようにソファや座椅子、壁などもたれられる場所でやる。

座らせて

 赤ちゃんを、ママやパパの太ももの上に横向きに座らせます。向きは左右どちらでも構いません。やりやすい方でOKです。片腕は赤ちゃんのお腹にくるようにして、もう片手は、赤ちゃんの首の後ろを支えてあげて、お腹に回した手を広げて赤ちゃんのあごを持って、少しだけ上に傾けましょう。あごを持った手に赤ちゃんの体重が乗ったのを確認したら、首の後ろを支えている手で下から上に向かってさすってあげるか、優しくトントンと叩きましょう。

ここがコツ!
  • 赤ちゃんの首を絞めないように、手のひらを赤ちゃんの胸に当てて指であごを支える。
  • 赤ちゃんの胃から口までをまっすぐにするイメージしながらさすってあげるとゲップが出やすくなる。

横抱き

 ママやパパの太ももと垂直になるようにして、赤ちゃんをうつ伏せに寝かせます。そして背中を下から上にさすってあげるか、優しくトントンと叩きましょう。そうすると、お腹が赤ちゃんの体重で圧迫されるのでゲップが出やすくなります。

 うつ伏せの姿勢は、背中の方を向いている噴門(食道と胃の境目)があるので、ゲップが出やすいんです。

ここに注意!

 うつ伏せ寝は、SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクを高めてしまいます。ゲップが出ないからと言って、うつ伏せ寝のまま長時間放置しないで必ず側にいて様子を見てあげてくださいね。

 長時間放置は落下の危険もあるので、十分に注意が必要です。

ゲップが必要な3つの理由

 ここでは、ゲップが必要な理由について簡単に3つお話ししますね。

授乳で一緒に飲み込んだ空気を出すため

 赤ちゃんは、上手におっぱいやミルクを飲むことができません。加えて飲む量も調整できないので、勢いよく飲んでしまいます。そのせいで、一緒に空気を飲み込んでしまうんですね。

吐き戻さないようにするため

 ゲプをさせないままでいると、赤ちゃんが体を動かした拍子に空気と一緒におっぱいやミルクを吐き戻してしまうんです。ゲップは飲んだものを吐き戻させないためにするんですね。

 そして、ゲップをしないまま寝ると、吐き戻した時に気管に詰まらせないようにするためでもあるんです。

お腹にたまった空気で苦しくなるから

 空気を飲み込むと、それがお腹にたまってしまい、赤ちゃんが苦しい思いをしてしまいます。そうならないためにも、ゲップ を出してスッキリさせてあげるんですね。

ゲップが出なくてもあせらないで

 赤ちゃんの中には、どんな姿勢を試してもゲップが出ない子がいます。5分経過しても出ない時はやめて構いません

 赤ちゃんの胃の形は、大人とは違ってまっすぐになっています。そして、胃の入り口部分の筋肉が未発達です。そのため閉まりきれずに胃の中の物が出やすくなっているんです。

 そのせいで、ふとした拍子に空気と一緒におっぱいやミルクを吐くことはよくあります。なので、吐いてしまった時は「どうしよう!?」と、焦ってしまいますが、吐いた後ケロっと元気に過ごせて、少しずつ体重が増えているなら問題はありません

 どうしてもゲップが出ない時は、平らな布団に横向きに寝かせてください。その時、仰向けになって吐き戻したものを気管に詰まらせないように、バスタオルなどを筒状に丸めて赤ちゃんの背中に当てて、顔の下にはガーゼタオルなどを敷いてあげてください。そして、うっかりうつ伏せになって窒息しないように、必ず側で様子を見てあげてくださいね

こんな時は・・・

 授乳のたびに激しく吐き戻すような場合は小児科を受診してください。『肥厚性幽門狭窄症』という病気の可能性があります。肥厚性幽門狭窄症とは

私の体験談

 実は、私の最初の子がとにかくゲップが出ない子でした。最初の子というのもあって、それが心配で不安でつい10分以上も抱っこして疲れさせて泣かせちゃったりしてました。さすがにこれじゃ子供の体に負担がかかるからと、横向きに寝かせて様子を見ることに・・・するとほぼ毎回、口の端からタラ〜リとミルクが出てきてました。時には「ゴフッ」と勢いよく吐き戻したりして・・・。すると、胃の中が空っぽになってお腹が空くのかギャン泣き。仕方なくミルクをあげると嬉しそうに飲んで満足してグッスリ。これが毎日のようにありました。生後3ヶ月になる頃はムチムチな赤ちゃんになってました。現在は立派に社会人してますよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました