《赤ちゃん服の水通し》いつまでやるの?ママ達の疑問を徹底調査!

赤ちゃん服を買うと必ず行うのが『水通し』ですよね。そこでふと頭に浮かぶのが「他のママ達はいつまでやってるんだろう?」「いつまでやらなきゃならないって決まりとかあるの?」という疑問。

これから赤ちゃんを迎える準備をするママや赤ちゃん服の水通しを頑張っている真っ最中のママ達の疑問を解消するため、徹底的に調べてみました!

ママ調査員rymamimo
ママ調査員rymamimo

ママ調査員のrymamimoです。よろしくお願いします!

赤ちゃん服の水通し期間に決まりはない

赤ちゃん服の水通しはいつまでやれば良いのかという決まりはありません。新生児の間だけという人もいれば、肌が弱いから大きくなっても続けるという人もいるようです。

「なるほど・・・。じゃあ、水通しをやめる目安ってあるのかな?」と思いますよね。

ここではママ達が目安としているポイント3つを紹介します!

水通しをやめる3つのポイント

  1. ホルムアルデヒドの規制が厳しい生後24ヶ月(2歳)まで続ける。(ホルムアルデヒドについては改めて説明しますね。)
  2. 赤ちゃんの肌にトラブルがなく、大人の服と一緒に洗っても大丈夫な場合。(様子を見ながら少しずつやめていく。)
  3. アイテムごとに分けて水通しをする。(肌着や吸水性を必要とするものだけ水通し、他はしないなど。)

ただし、一番大切なのは【赤ちゃんの成長に合わせること】です。

何歳だからこれをやらなきゃ!とか何歳までにはやらなきゃ!なんて決めつけないで赤ちゃんとママとのタイミングで決めてみてくださいね。

もちろん、ずっと水通しを続けても何の問題もないですよ!

水通しの目的は【吸水性】と【刺激物除去】

ここでは水通しをする目的についてお話ししますね。

生地を柔らかくして汗を吸収しやすくするため

買ったばかりの服には糊がついています。それを水通しをすることによって糊を洗い落として生地を柔らかくすることができるんです。そうすることによって吸水性と肌触りが良くなって、赤ちゃんが気持ちよく服を着ることができます。

刺激物(ホルムアルデヒド)を除去するため

ホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドは縮みやシワ防止・防虫効果があるため、衣類や家具などに使われますが刺激が強く、肌に触れるとアレルギーを引き起こす可能性があります。

赤ちゃんの肌は大人の半分の皮膚の薄さのため、とても敏感です。そのため、生後24ヶ月(2歳)の赤ちゃん用品(繊維商品)はホルムアルデヒドの規制が厳しくなっています。

ママ調査員rymamimo
ママ調査員rymamimo

ちなみに、赤ちゃん服が袋に入って販売されているのはホルムアルデヒドから守るためなんです。そして、ホルムアルデヒドは水に溶けやすいので水通しをするとほとんど取り除くことができるんですよ。

水通しの方法は【手洗い】と【洗濯機】

ここでは水通しの方法と、干し方・保管の仕方などを調べたのでご紹介しますね。

【手洗い】の場合

  1. 洗面器(またはタライなど)にぬるま湯や水を張り、赤ちゃん服を浸す。(紐などはほどいてください
  2. 手で優しく揉み洗いをする。
  3. ぬるま湯、または水でしっかりすすぐ。
  4. よく絞りシワを伸ばす。

【洗濯機】の場合

  1. 大人服とは別洗いにするため、赤ちゃん服だけを洗濯機の入れる。(型崩れが気になる場合は洗濯用ネット使用
  2. 洗濯機の『手洗い』コースで洗剤を使わずに洗う。(新品なので洗剤は使わなくても大丈夫ですが、気になる場合は赤ちゃん用洗濯洗剤を使ってもOKです。)

赤ちゃん服の干し方

赤ちゃん用ハンガーにかけて、日光消毒ができる天気の良い日に外に干しましょう。けれど、花粉やホコリなどが気になる場合は、室内で日光の当たる場所に干せるよう工夫してくださいね。

洗濯後の保管方法

ホルムアルデヒドの付着を防ぐために、大人用衣類とは別に《赤ちゃん専用の保管場所》を用意しましょう。もし、新品のタンスや衣装ケースにしまう場合や使用まで期間が空く場合は袋に入れて保管してください。

注意点

  • 洗面器や洗濯機を清潔に保つこと
  • 服ごとの洗い方チェック(洗濯表示タグに注意)

まとめ

いかがでしたか?今回は赤ちゃん服の水通しはいつまでやるのかについて調べてみました。

赤ちゃんが身に着けるものだから気になること・心配になることってありますよね。神経質になりすぎても良くないなぁとか、だからってズボラすぎるのもどうなの?なんてグルグル悩んじゃうと思うんです。

けれど先にもお話しした通り、一番大切なのは【赤ちゃんの成長に合わせること】です。赤ちゃんの様子を見ながら水通しを続けるか、やめるかを判断してみてくださいね。

赤ちゃんが気持ちよく肌着や服を着て毎日を過ごせるように、水通し頑張ってくださいね!

ママ調査員rymamimo
ママ調査員rymamimo

それではまた、お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました