外国人講師のいる英語教室のメリットとデメリット

子供のために英語教室を探すときに気になることは様々ありますよね。

例えば講師の方がどんな先生なのか?

英会話教室には日本人講師はもちろん外国人講師のいる教室もありますね。また両者ともいる二人体制で行っているところもあります。

日本人講師と外国人講師では教え方も雰囲気が違うでしょう。

やっぱり小さいときからネイティブな発音を聞かせたあげたい人もいるのではないでしょうか。しかしホントにそうなのでしょうか?

それぞれのメリットとデメリットを知ることでどちらにするか、答えが見えてくると思います。

今回は外国人講師と日本人講師の両者のメリットとデメリットについて紹介しますね。


外国人講師から学ぶメリットとデメリット

英語教室ではネイティブな外国人講師から学べることをウリにしているところがあります。
日本人講師との違いは何なのでしょうか?

メリットとデメリットを紹介していきます。


メリット

外国人講師から学ぶメリットは以下の通りです。

  • ネイティブの発音や使い方が聞ける
  • 外国人に慣れる
  • 異文化にふれられる話がより聞ける
  • コミュニケーション能力が高まる


ネイティブの発音や使い方が聞ける

外国人講師の人は外国で暮らしてきた人ばかりです。なので文法通りの英語ではなくて会話をする英語になっていますね。言い回しや発音が自然でネイティブな英語を学ぶことができます。

講師の国籍は様々です。そのため英語圏ではない国の出身者がいる場合もありますので、人によってはなまりがあったりもしますね。


外国人に慣れる

日本では他国と比べると外国人とふれあう機会が少ないので、外国人と接するいい機会になります。また日本人が多い環境で過ごしてきた子供にとっては外国人がこわいと思う子もいるでしょう。


異文化にふれられる話がより聞ける

外国人講師が暮らしてきた日常の話などを聞き、その国の文化や習慣をより詳しく知ることができます。言語だけではなくその国の常識、食事などを知り会話をより楽しみ、学ぶ意識も高まるのではないでしょうか。


コミュニケーション能力が高まる

外国人を目の前にすると「英語をしゃべらないと」という意識が生まれます。日本語が通じないからこそ授業もよりしっかり聞かなくてはなりませんね。相手に通じるようになればもっと話したいと思うようにもなるでしょう。

コミュニケーションの取り方も日本人と違います。顔の表情や手を使って大きなリアクションをとったりもするので、コミュニケーション能力もきたえることもできますね。


デメリット

外国人講師から学ぶデメリットは以下の通りです。

  • 先生としては未熟な場合もある
  • 日本語が話せない場合がある
  • 入れ替わりが多い


先生としては未熟な場合もある

外国人講師には様々な理由で日本に来ています。向こうで講師をしてた人もいるでしょうが、日本に来てから初めて教える人もいます。子供を気にかけることや学習方法、正しい文法の細やかな説明ができないこともあるでしょう。

臨機応変な対応ができる外国人講師も中にはいるかもしれませんが、現状多いとは言えません。


日本語が話せない場合がある

外国人講師の中には日本語が通じない先生もいます。だからこそ考え方によっては良い効果が生まれることもありますが、日本語で説明したりすることができません。日本語が通じないと直接話すことができず、親御さんも相談しづらいですね。


入れ替わりが多い

帰国などの理由により外国人講師は日本人講師よりも入れ替わりが多いです。人見知りの激しい子などは「せっかく慣れてきたと思ったのに…」と思うかもしれませんね。良い先生に出会えて良かったと思っても帰国してしまい、また探さなくてはいけなくなる場合も。



日本人講師から学ぶメリットとデメリット

日本人講師から学ぶメリットは以下の通りです。

  • 英語の指導を受けている
  • 日本語で会話ができる
  • 親しみやすい


英語の指導を受けている

自分が学んできたからこそ日本人が英語を勉強するのに苦手なところや気をつけるポイントがよく分かっています。学習方法やきちんとした文法も教えてくれるので、つまづいてしまった場合も細やかに子供に合わせた適切な答えを教えてくれるでしょうね。

また英検やテスト対策なども日本人講師の方が強いでしょう。


日本語で会話ができる

日本人講師は日本語が通じるので子供たちの何か日本語で質問したとしても気にかけてくれます。子供はもちろん親御さんも相談しやすいでしょうね。


親しみやすい

外国人の方を前にすると緊張してしまいうまくレッスンすることができないこともありますが、日本人の方は見慣れていることもあって安心感があります。なので馴染みのない外国人に学ぶより日本人同士なので親しみやすいですね。


デメリット

日本人講師から学ぶデメリットは以下の通りです。

  • 英語の発音が外国人講師よりも劣る
  • 日本語が話せる


英語の発音が外国人講師よりも劣る

日本人講師であってもネイティブに近い発音ができる方もいますが、やはり外国に住んでいた方と比べると発音は負けてしまいます。多くの外国人と会話してきているかも様々ですから英語の会話術などはあまり学べないでしょうね。


日本語が話せる

日本語が通じることはメリットでもありましたが、デメリットでもあるんです。子供がしゃべった日本語が分かったり、意思疎通がしやすいのでつい日本語で返してしまうこともあります。



まとめ

今回は外国人講師と日本人講師の両者のメリットとデメリットについて紹介しました。

それぞれに様々なメリットやデメリットがありましたが、どちらにするかは子供の性格や親御さんの考え方によって違うと思います。

ネイティブな発音を聞かせたい方や実際に使えるような外国人の会話力を高めたい方に外国人講師は向いていると思います。

日本人講師は英語をとりあえずさせたい学ばせたい方や将来学校のテストや英検などの対策をさせたい方に向いているんじゃないでしょうか。

また両方の講師がいる二人体制でやっている教室もあるので、目的や場面に合わせて決めたり、変えたりしていくと良いですね。


幼児英語教室についてもっと知りたくなった方は以下の記事もおすすめです!
タイトルとURLをコピーしました