【8カ月の赤ちゃん】なぜミルクを飲まないの?その原因と対策

8か月の 赤ちゃんが急にミルクを飲まないで困っているママ

見た目は元気だけど、もしかしたら具合でも悪いのかしら?

何日も続くと気になりますね。

離乳食はまだ中期だし、量も少ないけど大丈夫?

飲まない原因を調べて、前もって対策を考えておいたほうが安心できますね。

この記事はそんなママのお役に立ちたくて書いてみました。

何かの参考にしていただけたら嬉しいです。

なぜミルクを飲まないの

生後8か月の食事だと、まだ離乳食が完全に移行できていません。

一般的に栄養補給の為にミルクが必要とみられる時期。

なのになぜ赤ちゃんはミルクを飲んでくれないのかしら?

理由として次のような事が考えられます。

1 ミルクだけの頃と違ってお腹が空かない。

モグモグ期(中期)の離乳食はミルクよりもだいぶドロッとしています。

そのために消化に時間がかかり空腹を感じにくいのかもしれません。

2 離乳食に興味が移っている。

赤ちゃんは新しいことに出会うと興味深々だから、離乳食に夢中でミルクに興味が沸かないのかも。

3 単なる気まぐれ

その時の気分で深い意味はないかもしれませんよ。

しばらくすると、ミルクが復活するかもしれません。

 

  ※離乳食への取り組み方にも 赤ちゃんそれぞれの個性が出ます。

あまり神経質にならずにしばらく様子をみてみましょう。

食べる量が 少なめでも機嫌が良ければ心配しなくても大丈夫。

もしかしたら、便秘気味だったり胃腸の調子がすぐれない場合もあるかもしれません。


こまめに便の状態を確認することをおススメします。

赤ちゃんの自主性を尊重しよう

生まれてまだ1年もたっていなくても、赤ちゃんは自分の意思をもって行動しています。

つまりそれって、実はいろんな事を感じたり考えたりしているって事ですよね。

だからミルクを飲もうとしないのも、もしかしたら赤ちゃんなりの考えであってもおかし

くないとおもいませんか?。

もしかしたら、もうミルクはそんなに必要じゃなくて、これからはミルク以外のいろ

んな食べ物を食べないといけないんだって事が、赤ちゃんなりにわかっているとしたら?

それは、頭で考えるというよりも身体の方が必要な食べ物を欲している状況かもしれ

ません。

ちょうどママたちも妊娠中に好きな食べ物が変わった頃を思い出すとわかりやすいですね。

赤ちゃん自身ががミルクを飲みたいと思ってないのに、しつこく食事の度にすすめるとス

トレスを感じさせる結果になり逆効果。


栄養面が心配な時は哺乳瓶から別の容器に容器を変えてみるのはどうでしょう?


可愛いキャラクターが描いてあるマグマグとかだと、遊び気分で口に運んでくれるかもしれません。

水分補給に注意しよう

ミルクの量が少なくなると、どうしても水分不足になりがち。

こまめな水分補給を心がけましょう。

赤ちゃんは体温調節が苦手で汗っかき。

季節によっては脱水症状の恐れも。

糖分が多い飲み物は赤ちゃんの内臓に負担をかけたり、甘味依存症になってしまうケース

も考えられるので極力避けるようにしましょう。

湯冷まし、薄いお茶(ノンカフェイン)を 起床時や、眠る前にも 飲ませることも忘れないように。

心配だったら早めに相談。

それでもやっぱり専門家に相談しないと心配な時は、掛かりつけの医療機関に相談すると

よいでしょう。

地域の自治体もさまざまな場所で育児相談を受け付ける機会が増えています。

他にも インターネットのホームページとかでも相談受付コーナーがあったりしますね。

1人で悩んでいると、どんどん赤ちゃんと過ごす時間を難しく考えがちになってしまいま

す。

悩み過ぎて頭がガチガチに固まってしまう前に、気軽に相談してスッキリしちゃいましょう。

まとめ

急にミルクを飲んでくれなくなった8か月の赤ちゃん。

まだ消化が慣れていないので気分にムラがあるのかもしれませんね。

神経質になり過ぎずに、水分補給や便の状態に気を付けて様子をみましょう。

今は昔と違って医療も発達しているし、相談する場所も 普段から 注意して見ていると身

近に沢山あります。

気持ちに余裕を持って、楽しみながら赤ちゃんの成長を見守るのが一番ですね。

タイトルとURLをコピーしました