赤ちゃんが日焼け止めをなめるのはどうしたらいい?

夏になって日差しも強くなってきました。そんな季節に活躍する日焼け止め。普段からこまめにつける人も多いんじゃないかと思います。

赤ちゃんがいる家庭では誤ってなめてしまう子もいます。そういう場合「どうやって処置したらいいのか?」「良い対処法がないか?」などパニックになりますよね。

今回は赤ちゃんが誤って日焼け止めをなめてしまった時の処置の仕方を話していきます。
また日焼け止めの選び方赤ちゃんにも優しい日焼け止め5選も紹介します。


■もしも赤ちゃんが日焼け止めをなめてしまったら…

赤ちゃんは何でも口に入れて確かめようとしたり、なめてしまうくせがあります。

日焼け止めを塗った腕をなめるなどの塗った後のものを少しなめる程度でしたら、中毒を起こす危険性は少ないそうです。

念のため口をゆすいで水または牛乳を飲ませて、いつも以上に様子を注意深く見ましょう!

赤ちゃんに異変があったり心配な場合は日本中毒情報センターの中毒110番(072‐727-2499)に情報を提供してもらったり、お医者さんに診てもらいましょう。


■日焼け止めの選び方

赤ちゃんにも安心して使える日焼け止めを選びたいですよね。そのためにチェックする点はいくつもあります。

  • 成分表の確認
  • ケミカルタイプかノンケミカルタイプか?
  • SPF値とPA値を確認
  • 日焼け止めの落とし方

日焼け止めを買う前にこれらの点に注意して見てみましょう。

また赤ちゃんに使用する場合はパッチテスト(背中などに日焼け止めを10円玉ほどの大きさに出して24時間たったら赤くなるかなど様子を見る)をしましょう。


成分表の確認

成分表を確認して刺激の強い合成界面活性剤や香料、着色料、鉱物油、防腐剤、合成安定剤、紫外線吸収剤、シリコーン、合成ポリマーなどが入っているものは選ばない方が良いです。

無香料や無着色アルコールフリー、オーガニックなどと書かれている肌にやさしいものを選ぶといいでしょう。


ケミカルタイプかノンケミカルタイプか?

日焼け止めにはケミカルタイプとノンケミカルタイプの二つの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ケミカルタイプ紫外線吸収剤が入っているもの
ノンケミカルタイプ紫外線吸収剤が入っていないも
になっています。

紫外線吸収剤とは紫外線をカットしてくれる効果の高いものを指します。

ケミカルタイプは紫外線カット効果が高いですが肌への負担が大きいです。一方、ノンケミカルタイプは紫外線カット効果が低いですが肌への負担は少なくすみます。

なので赤ちゃんには肌への負担が少ないノンケミカルタイプを選ぶといいでしょう!


SPF値とPA値を確認

SPFとは肌が赤くするUVB(紫外線B波)を防ぐ力の大きさを表します。
またPAとは肌が黒くするUVA(紫外線A波)を防ぐ力の大きさを表します。

その値が高いほど効果が得られますが、肌への負担も高くなります。

普段使いならSPF10~20でPA+か++で大丈夫です。長時間や海など日差しが強い場所に行く場合SPF30くらいあった方が良いです。


日焼け止めの落とし方

日焼け止めの落とし方についても注目してみましょう。

クレンジングを使わないとしかっり落とせないものもあるので、石鹸やお湯で簡単に落とせるものを選んだ方が良いです。


■赤ちゃんにも優しい日焼け止め5選

赤ちゃんの肌は薄くてデリケート。そんな肌の赤ちゃんにも使える優しい日焼け止めを5つ紹介します。


アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:Amazon

こちらの商品は2017年に

ママたちの投票で選ばれる「第9回マザーズセレクション大賞」を受賞いたしました!
引用元:n&o living 公式通販サイト

赤ちゃんから使えるくらい肌に優しく、天然由来成分100%で作られています。

虫が嫌いなレモングラスやローズマリー葉油が含まれており、虫よけ効果もあります。

ミストタイプなので簡単にサッと塗り直しもききますし、お湯で簡単に落とせます。


SPF/PA  SPF15/PA++
容量      80㎖
対象年齢    新生児~
成分       水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリチン
        酸ポリグリセリルー10、レモングラス油、ロー
        ズマリー葉油


アロベビーUVモイストミルク

出典:Amazon

こちらは上のスプレータイプとは違いミルクタイプの日焼け止めです。

天然由来成分100%で作られており、保湿成分もたっぷり含まれているので肌の乾燥が気になるときでも安心して使えますね。

こちらもお湯で落とせるので肌に負担をかけません。


SPF/PA  SPF15/PA++
容量      60g
対象年齢    新生児~
成分      水、ラウリン酸メチルヘプチル、酸化亜鉛、グ
        リセリン、ペンチレングリコール、BG、酸化
        チタン、ステアリン酸ポリグリセリル-10、
        ステアリン酸ソルビタン、ジグリセリン、ステ
        アロイルグルタミン酸Na、ステアリン酸グリ
        セリル、水添ナタネ油アルコール、ベタイン、
        イソステアリン酸、グリチルリチン酸2K、シ
        ア脂、ホホバ種子油、オリーブ果実油、アロエ
        ベラ液汁、バオバブ種子油、ツボクサエキス、
        オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾ
        ウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エ
        キス、カミツレ花エキス、ラベンダー油、グ
        レープフルーツ果皮油、ニオイテンジクアオイ
        油、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、ヒド
        ロキシプロピルメチルセルロースステアロキシ
        エーテル、キサンタンガム、エチルヘキシルグ
        リセリン、ポリヒドロキシステアリン酸、カプ
        リル酸グリセリル、水酸化Al、クエン酸、ク
        エン酸Na


パックスベビーUVクリーム

出典:Amazon

こちらは紫外線吸収剤を使用してないノンケミカルタイプの赤ちゃんにも使える肌に優しい日焼け止めです。

伸びが良くサラッとした仕上りですが乾燥から肌を守りちゃんと保湿もしてくれます。

また、こすらず石鹸でやさしく落とせるところもいいですね。


SPF/PA  SPF17/PA+
容量      30g
対象年齢    新生児~
成分      水、プロパンジオール、酸化チタン、スクワラ
        ン、マカデミアナッツ油、グリセリン、 ホホ
        バ種子油、カリ石ケン素地、ステアリン酸、パ
        ルミチン酸、ベヘン酸、シリカ、ベヘニルアル
        コール、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エ
        キス、トコフェロール、ヒノキチオール、エタ
        ノール


my sunny room botanicals ディープモイスチャー UVローション

出典:Amazon

こちらは植物由来成分80%配合された高温室、低刺激で作られている肌に優しい日焼け止めです。

赤ちゃんはもちろんのこと妊娠中や授乳中のお母さんでも安心して使えます。

肌バリア機能強化成分が配合されており、肌バリア機能が正常にはたらく健康な肌になる手助けもしてくれます。

色と香りがマンダリンオレンジで爽やかです。日焼け止め特有の嫌な香りがしないのがいいですね。

体全身に使え、落とすときは石鹸でていねいに落とします。


SPF/PA  SPF39/PA++
容量      50㎖
対象年齢    新生児~
成分      (カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水、
        BG、酸化チタン、シリカ、ミリスチン酸オク
        チルドデシル、シア脂油、 水酸化Al、イソステ
        アリン酸ポリグリセリル-2、ラウロイルリシ
        ン、イソステアリン酸、ジイソステアリン酸ポ
        リグリセリル -3、マンダリンオレンジ果皮
        油、チガヤ根エキス、マンダリンオレンジ果皮
        エキス、ユズ果実エキス、ドクダミエキス、ア
        マチャヅル葉エキス、塩化Na、グリチルレチ
        ン酸ステアリル、トコフェロール、グリセリ
        ン、カルボマー、カプリリルグリコール、(ア
        クリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロ
        スポリマー


ママバターUVケアクリーム アロマイン

出典:Amazon

「ママバター」は赤ちゃんから敏感肌の方も使えるナチュラルスキンケアブランドです。

シリコンや紫外線吸収剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベンなどを使用してないので肌に優しい日焼け止めになっています。

虫よけ効果の高い5種のアロマも使用しています。

落とすときは石鹸で洗います。


SPF/PA  SPF25/PA++
容量      45g
対象年齢    新生児~
成分      水、DPG、酸化チタン、トリ(カプリル酸/カプ
        リン酸)グリセリル、イソステアリン酸エチ
        ル、シア脂、ジカプリン酸PG、グリセリン、
        ステアリン酸ソルビダン、ペンチレングリコー
        ル、イソステアリン酸PEGー20、水酸化AI、ヒ
        ドロキシプロピルデンプンリン酸、ステアロイ
        ルグルタミン酸2Na、酸化亜鉛、ヤシ脂肪酸ス
        クロース、水酸化Ca、(アクリロイルジメチル
        タウリンアンモニウム/VP)コポリマー”、ステ
        アレスー2、ベヘニルアルコール、オクテニル
        コハク酸デンプンAI、フェノキシエタノール、
        イソステアリルグリセリル、トコフェロール、
        t-ブタノール、シトロネロール、ニオイテン
        ジクアオイ油、ローズマリー油、ユーカリ油、
        レモングラス油


■まとめ

今回は赤ちゃんが誤って日焼け止めをなめてしまった時の処置の仕方を話していきました。
また日焼け止めの選び方赤ちゃんにも優しい日焼け止め5選も紹介しましたね。

赤ちゃんが日焼け止めをなめないように気を配るのはもちろんですが、誤ってなめてしまった場合処置に仕方などが分かっていれば安心できますね。

肌に優しい日焼け止めを使って紫外線から守り、楽しいおでかけの時間を過ごしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました