いつから?赤ちゃんにウォーターサーバーのお水を飲ませる時期

私たちの生活にかかせない水。普段飲んだり使うお水にウォーターサーバーを利用する方もいますね。また赤ちゃんのために利用する方もいます。

赤ちゃんには食事でミルクを与えますが、お水を飲ませるタイミングに迷いますよね。

それは生後5~6ヶ月頃と言われています!

その時期になれば白湯などから少しずつ与え、次第に水はもちろん他の飲み物も飲めるようになっていきます。

今回は「ウォーターサーバーのお水を飲ませる時期と飲ませ方」を紹介します。他にも「あかちゃんに飲ませる水の種類」「水道水のお水を飲ませる時期と飲ませ方」もありますのでよろしければ参考にしてください。


■ウォーターサーバーのお水を飲ませる時期と飲ませ方

赤ちゃんの与える水分は基本的にお母さんの母乳と作ったミルクで十分足ります。

そして生後5~6ヶ月頃に離乳食が始まるため、ミルクを与える量も減っていくので赤ちゃんにもお水を与える必要があります。

初めて水を飲ませるときは、それまで母乳とミルクしか飲んでこなかったですから少しずつ慣らしていきましょう。冷水からではなくて白湯など体温に近いものをスプーンで少量ずつ様子を見ながら与えてあげるといいです。

また赤ちゃんのためにウォーターサーバーを利用するにあたって、日々のメンテナンスなどをしていく必要もありますね。

<ウォーターサーバーを清潔に保つ方法についてはこちら


■飲ませるにはどんなお水がいいの?

離乳食が始まりミルクではなくて、いざお水を与えようと思ったらどんなお水がいいのか分からない。そんなときに赤ちゃんのために与えるお水について紹介します。

普段私たちが飲んでいるようなお水は赤ちゃんに与えるには適していませんので、気を付けてください。

お水の種類には軟水や硬水といった種類がありますね。
どこかで聞いたことがあありませんか?

軟水か硬水か決めるにはお水の硬度が関わっています。

赤ちゃんのために使う水の硬度 は60mg/L未満の軟水が適しています!

なので赤ちゃんのミルク作りに使うウォーターサーバーも硬度60mg/L未満のものを選ぶといいですね。

硬水は便秘解消が期待できたりと良い部分もありますが赤ちゃんにとってはミネラル量が多く体調を崩してしまう場合もあります。たとえ沸騰させたとしても赤ちゃんにあげるには適してないのでそのまま飲ませる時やミルクを作る時でも絶対に軟水を使いましょう!

<硬度についてはこちら


■水道水のお水を飲ませる時期と飲ませ方

水道水を飲ませるにしてもウォーターサーバーの水と同様に生後5~6ヶ月頃と言われています!

ですが注意する点があります。それは先ほどお話しした硬度についてです。赤ちゃんのために使う水の硬度 は60mg/L未満の軟水が適していましたね。水道水の硬度は地域によって違いがありますから調べてみましょう。

水道水を飲ませる場合も最初は白湯などをスプーンから少しずつ与え、ちゃんと飲んでくれているか様子をみながら水道水に切り替えていくといいですね。

<地域別の水道水の硬度についてはこちら


■まとめ

今回は「ウォーターサーバーのお水を飲ませる時期と飲ませ方」を紹介しました。他にも「あかちゃんに飲ませる水の種類」「水道水のお水を飲ませる時期と飲ませ方」もありましたね。

生後5~6ヶ月頃から少しずつ与え始め、赤ちゃんのために使う水の硬度 は60mg/L未満の軟水が適していることが分かりましたね!

赤ちゃんにとっても生きていくためには大切なお水。赤ちゃんに適したお水を与え、すくすく元気に育っていくといいですね!

タイトルとURLをコピーしました